ホーム > 技術 > 石鹸を使って臭わない体を

石鹸を使って臭わない体を

5月から10月初旬にかけての暑い時期は、新陳代謝が特に活発になりやすい季節で、私もかきたくもないのにかいてしまう多量の汗に毎年悩まされています。

ただ汗が流れ出るだけでも厄介なのですが、私の場合はその汗に伴う体臭が特に気になります。

一時的に汗ふきタオルやペーパーで身体を拭いても臭いまでは解消されず、夏場の早朝から暑い日は朝からかいてしまった汗が夜の入浴時まで体に染み付いたままなので、人と接する場合にも自分の体臭が不快に思われていないかと不安になります。

そのような日に、入浴の際に体を洗う時は必ず石鹸を使って、全身の細部に亘るまで綺麗に洗っています。

夏の時期は、就寝時や翌日に臭いを残さないためにも入念に洗っています。

以前はボディソープを常用として使っていましたが、石鹸で洗ったほうが臭いがよく無くなることから、最近ではいつも石鹸に頼っています。

体臭を消す方法

ごく普通の石鹸を使っているため、洗ってからいい香りがすることはありませんが、体臭を無くすという目的が果たせれば別に構わないのです。

これから猛暑日も観測するほどの暑い時期になり、入浴や体を洗う時間も長くなりますが、一人の人間のエチケットとして、しっかり実践していきたいと思います。


関連記事

石鹸を使って臭わない体を
5月から10月初旬にかけての暑い時期は、新陳代謝が特に活発になりやすい季節で、私...
テスト
テスト記事です。...